教育で重要な事はどのような事か

教育にとって重要な事は言われた事を正しく認識して自己の判断でその知識を活用するようになれるようにする事が重要であります。
良い大学を出ていれば就職活動に有利になり、その為には成績が良い事が一番重要であるように考えられる事は十分に教育としての質を求める事になると社会的には見られている傾向にあります。
事実、個人の成績は尊重されて成績の高い個人ほど優秀であるかと思われますが、名門大学だけの卒業生でグループを作った場合とそうでないグループに分かれて事業を行ったところ、事業成績が高かったのは名門大学以外のグループであるという結果にあります。
この事から学歴が個人の能力を決定する物ではなく、個人が得た経験や知識がどれだけ現実に活用する事が可能であるかどうかが卒業後の能力を決める要素になり、勉学によって成績を向上させる事に執拗になる事を避けて柔軟に状況に対応させる事が教育にとって最も重要であると言われてます。