生きていく上でのモラルやマナーを学ぶ場所

社会で生きていく中で必ず必要なのは、モラルとマナーです。
人としての常識がなければ、社会で生きていく事は困難です。
きちんとした行動の良し悪しが理解できなければ、最悪の場合その行動が犯罪にもなってしまいかねません。
人は生まれてすぐにはこの世の良し悪しを知る事はできません。
しかし、両親や学校で友人や大人と過ごす事によって初めて人としての道徳を学ぶ事ができます。
学校は大勢の人がいて、いろんな生徒もいるしいろんな事が毎日起きます。
喧嘩やいじめなど、傷つく事もとても沢山あります。
なので学校へ行くのが嫌だと悩んでいた人もきっと多かったと思います。
しかし、人と接して傷つく事や悩む事で人間として大きく成長ができますし、傷つく事で相手にもその分優しくなれます。
そうする事で、人に対してどのような行動をとると傷つけてしまうか、逆にどのような行動をすれば喜んでもらえるものなのか、生きていく上でとても大事な事を学べる、それが学校です。
人を傷つけてしまうと相手はどんな気持ちになるかを理解しなければ、社会で自分の居場所は失ってしまいます。
また、それが犯罪をおかしてしまうケースもあるので教育は必要不可欠です。